• 植毛とはどのようなものか

    まだ若いのに髪が薄くなってきた、おでこが広くなった、など男性にとって抜け毛は大きな悩みの種です。



    若ハゲはAGA(男性型脱毛症)でもあるとされ、治療できる病院や専門のクリニックなども多くなってきました。まずは、病院やクリニックなどで、AGAの治療を進めていくのが良いでしょう。

    しかし、治療を始めるのが遅すぎたり、薬が合わなかったりした場合はAGA治療を行っても改善しない可能性があります。

    AGAの治療でも改善が見られない場合、植毛という手段があります。その種類は、人工植毛と自毛植毛に分かれます。

    自毛植毛に関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

    人工植毛は、合成繊維で作られた人工の毛を使用します。

    特殊な針を人工毛に装着し、頭皮に一本ずつ埋め込みます。

    しかし、人工毛を植えた隙間から細菌が入り込んで感染症を招いたり、拒否反応の可能性があるため、実行する際はよく考えましょう。しかし、即効性があるため、一刻も早く増毛したいという方に向いています。

    T-SITE情報のことならお任せください。

    自毛植毛は、自分の髪の毛を使用するため、拒否反応が起こりにくいとされています。
    後頭部や側頭部など、禿げにくい部位から、毛を毛包ごと切り取り、髪の薄い部位に移していきます。

    自毛を使用した場合、うまく定着していけば、そこからふつうの髪の毛のように育ち、生え変わりを繰り返していきます。


    そうすれば、人工毛のように年に数回のメンテナンスも必要ありません。

    もともと自分の髪の毛を使用しているので、色や質感も全く同じで自然なヘアスタイルを維持できます。