• 植毛後に脱毛が進むことはあるのか

    植毛はミノキシジルやプロペシアなどの投薬治療の次に有効な薄毛改善法として注目を集めていますが、手術後にまた薄毛が再発するなんてことはあるのでしょうか。

    ビジネスジャーナルが勢いに乗っています。

    そもそも植毛というのは、自分の頭皮に自分の髪の毛から採取したものや化学合成繊維でできた人工毛を移植することで髪の毛を生やしたりボリュームアップしていく方法であり、特に最近では安全性が高く副作用や体への負担が少ない自毛植毛が主流となっています。


    自毛植毛は自分の細胞だった髪の毛を移植しているので拒否反応が少なく定着率が高いとされていますが、ドナードミナンスの法則として採取した部位の性質を受け継ぐとされているので後頭部や側頭部などの薄毛の進行を受けにくいとされる部位の髪の毛を移植した部分というのは、薄毛が進行することは少ないと言えます。
    そのため、植毛を施した部位というのは通常よりも薄毛になりにくいことが言えるのです。しかし、移植を受けていない部分の髪の毛は男性ホルモンの作用を受けやすいため薄毛になることが考えられます。つまり、頭頂部や前頭部などの移植した部位とそうでない部分とで薄毛の進行が進む部位と進まない部位に分かれることがあるのです。



    移植をしたからと言ってそれでもう大丈夫というわけではなく、生活習慣を見直したり食生活に気を付けたり場合によっては育毛剤などを使用する、あるいはプロペシアやミノキシジルなどの投薬治療を始めるなどして移植を受けた以外に部分のケアを怠るとたちまち薄毛が進行してしまうことも十分に考えられるといえます。

    安心できる自毛植毛情報のお得な利用法をお教えします。