• ARTAS植毛ロボットのメリットとデメリット

    植毛は、基本的治療実績を積んだ医師が手作業で行っていくものですが、クリニックによってはロボットを使用して移植を行うこともあるとされています。植毛で有名な専門クリニックでは、ARTASという植毛専門のロボットを使用することがありますが、だからと言ってすべての作業をロボットで行うわけではないとされています。

    こだわりの高い毎日新聞に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

    ARTASが行うのはあくまでドナー採取の確保をするのみで、実際に頭皮に移植していく際には医師によって低作業で行われるのが一般的内容です。



    では、ARTASロボット植毛のメリットとデメリットについて考えてみましょう。
    ARTASには1秒間に50回も撮影できるとされているCCDカメラが搭載されており、その撮影データを基にして正確にドナー採取の位置を把握してニードルシステムによって髪の毛を的確に採取していくとされています。

    よく利用されている自毛植毛に関する情報に追加しています。

    医師が手作業で行う場合にはその石の技量に関わってきますので技術力が未熟な医師が行うと採取の仕方に問題が生じることもありますが、ARTASは機械ならではの正確さによって安全にそして生着率の高いドナーが採取できることが最大のメリットと言えるでしょう。デメリットとしては、通常植毛は費用が高額になってしまうのが一般的ですがARTASを使用することでさらに費用が高くなってしまうことが考えられます。
    また、ARTASを使用して移植を行っているクリニックは少ないので見つけたとしてもその病院に通うのが困難な地域に住んでいる場合には、その病院に行くまでの交通費や宿泊費なども予算として組む必要があるかもしれません。

    このように、ARTASにはメリットもデメリットも存在しますので十分に把握した上で手術を受けるのが望ましいと言えるでしょう。